たるみをぎゅっと引き締める「サーマクール」みんなの疑問にお答えします 

美容大国アメリカで開発された人気のたるみ治療「サーマクール」について様々ご紹介してきましたが、最後にサーマクールの素朴な疑問についてお答えいたします。

「サーマクール」痛みがあると聞いて少しこわいのですが・・・

現在最新のサーマクールは「サーマクールFLX」です。

その前は「サーマクールCPT」。

現在はこの2つが主にサーマクールの主流になっていますが、FLXとCPTは痛みがほとんどありません。

お顔の部位によって時々熱感を感じることがありますが、美容治療が初めての方でも我慢が出来るレベルだと思います。

「サーマクールがやってみたいけど痛みがあると聞いて心配」という声は現在もよく耳にします。

確かに初代の「サーマクールTC3」や「サーマクールNXT」は痛みが強かったので、そのイメージがまだあるのかもしれません。

「サーマクール」やってみたいけど値段が少し高いかな・・・

機械でのたるみ治療はたくさん種類がありますが、その中でも「サーマクール」は少し高価に感じるかもしれません。

理由は、サーマクールは治療に使う消耗品が必要だからです。

例えば、使用するチップ等は使い回すのではなく、その都度新しいチップを使います。

そういった消耗品にコストがかかるので、施術の金額も少し高くなっています。

ただ、サーマクールは熱を深部にしっかり加えていくので、たるみを深部からしっかりメンテナンスすることが出来ますし、機械によるたるみ治療のなかでは効果は高く、持続期間が長いです。

約6ヶ月に一度が目安ですので、マメに繰り返す必要はありません。

たるみ治療は1ヶ月に1度を繰り返し行うことで、効果を持続させるものも多いですので、マメに繰り返すのがいいのか、たまにしっかりした治療を取り入れる方がいいのか、どちらがいいかは人それぞれだと思います。

もちろん、両方を取り入れてたるみの改善と予防に取り組むのも素晴らしいことだと思います。

「サーマクール」が出来ない人はいるの・・・?

施術部位に金属プレートを埋め込んでいたり、体内にペースメーカーや埋め込み式除細動器を使用している場合。

施術部位に感染症や、皮膚疾患がある時。

施術部位にフェイスリフトや金の糸リフトを受けている方、糖尿病・悪性腫瘍・心疾患・出血性疾患などの既往がある方、 妊娠されている方、ケロイド体質の方。

上記に当てはまる方は、サーマクールが出来ないこともありますので、専門の医師に事前に相談しましょう。

 

「サーマクール」はたるみにしか効かないですか?

サーマクールは高周波(RF)の熱で真皮層内のコラーゲンを収縮させることでたるみを引き締めるので、まずはたるみの改善をメインとした施術と思って頂いた方がいいと思います。

ただ、実際受けられた方の感想でもよく耳にしますし、自分自身も実感したことですが、肌の調子が良くなることも多いです。

肌の調子が良くなるとは、キメが整って肌表面がキレイにみえたり、その結果お化粧ノリも良くなったりします。

さらに、肌を触った感じも、ハリがあるのにいい意味で柔らかいような感じです。
サーマクールの2大効果
若さを取り戻す、たるみ治療の王道
1.ひきしめ効果
RF(高周波)を照射すると体内で熱が生じ、真皮層内のコラーゲンが収縮することで、すぐにひきしめ効果があらわれます。
さらに時間をかけて新しいコラーゲンが生成され、若々しい印象の肌へと変化しています。

サーマクールのひきしめ作用は縦方向・横方向・奥行きの3次元的におこります。
その結果
ボリュームダウンがおこり、たるみの改善や小顔効果が期待できます。

2.美肌効果
RF(高周波)の熱によって大量のコラーゲンが生成され、肌が活性化されます。
そのため、毛穴が目立ちにくくなるなど、なめらかな肌に変わっていきます。

 

サーマクールFLXを受けてみたいと思った方は、東京美容皮膚科クリニックへお気軽にお問い合わせください。