美容皮膚科のお手軽施術体験「HIFU」

最近よく聞く「HIFU」皆様何かご存知ですか?

「HIFU」とは、今美容業界で主流となってきているたるみ治療です。

「ハイフ」と読み、正式にはHigh Intensity Focused Ultrasound、高密度焦点式超音波治療法といいます。

「HIFU」は超音波を利用し、皮膚の決まった深さに狙って熱を加えることで、皮膚の組織に熱凝固が起き、少しずつ縮まって、のちにたるみが引きあがっていきます。

「HIFU」の特徴は、皮膚の深い部分に熱を加えることが出来る点で、他にもたるみ治療は世の中にたくさん存在しますが、肌の深部から浅い部分まで、幅広くアプローチをかけられるのは、機械治療では「HIFU」が代表的です。

また、皮膚のどの層に熱を加えるかで効果も変わってくるというのもHIFUの面白い点です。

例えば、皮膚の「4.5㎜」の層に熱を加えたときは、この部分は筋膜になりますが、たるみがぐんと引きあがる効果があります。

皮膚の「3.0㎜」の場合は、真皮層の比較的深部になりますので、引き上がりもおきますが、やや引き締まり効果が高く現れます。

それより上の「1.5㎜」や「2.0㎜」の皮膚の比較的浅い部分に関しては、たるみよりは肌の表面の張りを出し、キメが整うような効果が現れてきます。

 

「HIFU」の代表的な機械は何?

現在は「HIFU」の機械がたくさんありますが、「HIFU」人気の先駆けとなったのはやはり、「ウルセラ」です。

その後、「ダブロ」、「ウルトラセル」、「ウルトラハイフ」、「スマスセラ」、「ウルトラフォーマーⅠ、Ⅱ、Ⅲ」、「スーパーハイフ」など、様々なHIFUの治療機器が人気となっています。

 

おすすめの「HIFU」治療は?

いくつか「HIFU」の治療を体験したことがありますが、同じ「HIFU」でも、機械によって効果や施術の感覚も全く違います。

お勧めはやはり「ウルセラリフト」!

ウルセラは他の「HIFU」よりも超音波が皮膚にあたる感覚が緻密で、深部に響く感じがします。

痛みもありますが、その分熱量もしっかりしているので、効果も高く持続力もあります。

リスクも多少ありますが、ウルセラのダウンタイムは時間の経過と共に落ち着きますので、安全なたるみ治療です。

効果は直後も実感しますが、1~2ヶ月かけて少しずつ現れます。

気が付くとお顔がスッキリしている感じです。施術後は1週間くらいフェイスラインが筋肉痛のような感覚がありました。

皮膚表面の赤みなどはほとんどなかったです。ダウンタイムは個人差があります。

ウルセラはたるみのリフトアップの治療なので、お顔が痩せ型の方や、ブルドック状にたるんでしまっている方にもお勧めです。

 

「ウルトラフォーマーⅢ」で行う「ハイフシャワー」も魅力的な治療です。

「HIFU」をあえて皮膚の浅い部分にたくさん照射する方法ですが、肌が引き締まり、張りがでます。

「ウルトラフォーマーⅢ」は、他の「HIFU」にはない2.0㎜の部分に照射が可能で、目周りにもしっかりと照射出来るのも特徴です。

こちらは肌表面に照射するので、施術後2時間くらい赤くなりましたが、いつの間にか落ち着きました。

ウルセラ程ではないですが2~3日筋肉痛のようなサインもありました。

「HIFU」は照射の仕方で効果にも差が出ますので、施術の経験が豊富で、慣れているクリニックやドクターを選ぶのも大切です。

人気の「HIFU」によるたるみ治療、皆様もぜひお試しください。