剃り続けると太くなる!?ムダ毛処理の実態

ムダ毛の処理、皆様どうしていますか?

現在はエステやクリニックで脱毛をされている方も多いと思いますが、まだ残っていたり、ちょっと気になる程度だったらご自身でカミソリや電気シェーバー、毛抜きなどで処理をしている方、多いのではないでしょうか。

ムダ毛の処理は女性としては必要ですが、肌負担もかなりかかっているので気がかりな方も多いと思います。

 

毛は剃ると太くなるというのは本当なの?

長い間剃毛を続けていると毛が太く濃くなっていくような気がするという方がいらっしゃいます。実際はどうなのでしょうか?

実は、毛自体が濃くなっているわけではなく、太くなったように見えているだけの場合が多いです。

毛の形は、毛先の方が細く、根元になるにつれて太いので、剃った時の断面が根元に近いと濃く太く見えます。

触れた感じも硬く感じるので、濃くなっていると錯覚する場合も多いのです。

 

自分で処理する場合のやり方でベストなのは?

肌への負担を最小限に抑えるのであれば、電気シェーバーがお勧めです。肌に押し当てずとも、毛が剃れるので、肌に傷がつきにくいです。

難点は深剃りが出来ないので、太く毛が濃い部分は根元からきれいに剃りづらいことと、毛が長いと絡まるので、長く、毛量が密集している部分は一度ハサミでカットしてから行うのがお勧めです。

カミソリは、深剃りが出来るので、毛の根元からきれいに剃れますが、その分肌にも傷がつきやすいので、肌荒れや乾燥、色素沈着などの原因になります。

毛抜きの場合も垂直に上手に引っ張って、根元からしっかり抜ければいいですが、途中で切れてしまったりすると、毛穴の中に残った短い毛が肌の中で伸びて、埋もれ毛になることがあります。

また、何度も繰り返し続けると、毛穴が盛り上がって鳥肌の様にブツブツしてしまう事もあります。

毛抜きの場合は、先がとがっていたり、細すぎたりすると、うまく毛がつかめず強くつかみすぎて切れてしまって上手に抜けないこともあるので、先が広めだったり、丸くなっていたりする形状のものがお勧めです。

 

繰り返し処理をするならやっぱり永久脱毛へ

どんな方法でも、繰り返し行うと肌の負担にはなりますので、色素沈着、乾燥肌、肌荒れなどの原因にはなります。さらに、キレイの為とはいえ、やっぱり頻度が多いとめんどくさいですよね。

ムダ毛処理をする頻度が多い、気になるパーツだけでも、やはり永久脱毛がおすすめです。

脱毛は現在はわりとリーズナブルに、安全に行えるようになっていますので、専門サロンやクリニックに相談してみましょう。