メイクいらず!医療アートメイクが凄い!②

実際に気になる医療アートメイクをやってみました。

医療アートメイクは現在、専門のクリニックなどの医療機関で受けられます。

アートメイクを体験しました

今回は眉毛のアートメイクを受けてみました。

アートメイクは、アートメイク専門の看護師さんが施術をしてくれます。
看護師さんですが、アートメイクはその方のセンスや技術が全てなので、むしろアーティストのようです。

自然な眉毛が得意な方や、個性的なデザインが得意な方など、様々いらっしゃるようです。
もし、こんな形にしてほしいなという理想があるならば、施術者の方がイメージしやすいように、事前に自分の好みや希望の形や色などをしっかり伝えることが出来るようにしておいた方がいいと思います。

 

アートメイクのデザイン

はじめにドクターの診察と、アートメイクについての説明を聞き、麻酔をかけ、その後はデザインをしていただきました。

このデザインの工程は非常に大切です。
自分の希望をしっかり伝え、今回は「大和比(やまとひ)」という比率をもとにデザインをしてもらいました。
眉山の位置や、眉の太さ、長さ、アーチありなのか、ストレートなのか、濃いめか薄めかなど、あとは眉のカラーなどを決めます。
「大和比」というのは、「プラチナ比」ともいうそうで、東洋人のお顔の特徴に合わせた眉毛のバランスのベスト比率なのだとか。
「黄金比(おうごんひ)」というのは、西洋人のお顔の特徴に合わせた眉毛のバランスのベスト比率だそうで、確かに東洋人と西洋人では顔立ちが大きく違うので、似合う眉毛も違うというのは納得ですよね。

眉毛のデザインに関しては、その時代の流行もありますので、自分の眉の形をベースにした自然な形を入れておくのがお勧めとの事。
彫った後に、大きくデザインの変更はできないので、やや慎重に決めます。
スッピン時でも違和感のないくらいの眉毛の形や色にしておいて、気分によって少し描き足したり、色を変えたりしてメイクを楽しむくらいがいいのかもしれません。

 

施術について

いざ、施術開始です!
まずは、表面にクリームで麻酔をかけます。
麻酔クリームを塗り、約20分くらい時間を置きます。
その後、実際に専用のマイクロニードルを使用し、彫っていきます。
使用する針は全て使い捨てのもので、色素もEMA公認の成分を使用し身体に入れても安全なもののみ使用しているそうです。

気になる痛みは…、ほとんど痛くない!
チリチリはしますが、後半は寝てしまえるのではないかというくらい、痛くなかった!

麻酔を使用することで、無痛にはなりませんが、チクチクした痛みがかなり軽減されるようです。
痛みに関しては、麻酔の効き具合や、施術者さんのフェザータッチ技術、求めるデザイン等にもよるみたいです。
インクが浸透するときにしみるような痛みがあるという方もいますが、ほとんどの方が我慢できる痛みだと思います。

 

施術後について

施術後もほとんど痛みが無かったです。
個人差がありますが、多少ピリピリが残る方はいるようです。

専用の軟膏を3日程度は眉毛に薄く塗ります。
あとは、とにかく触らないこと。
クレンジングや洗顔などもごしごしするのはNGで、オイルクレンジングは使用しない方がいいとのこと。

3、4日経つと、傷が治ってきて、痒みが出てきますが、掻いてしまうと、細かいかさぶたが無理にはがれてしまうので、極力掻いたり擦らないように気を付けます。
この薄いかさぶたが、自然に剥がれるくらいまで、眉を刺激しないのが理想で、その方が色素の定着がしやすいそうです。
施術後から約1週間程度は気を使った方がいいかもしれませんね。

5日くらいすると、薄い瘡蓋がポロポロ取れてきました。
所々剥がれて薄くなってみえるのが気になりましたが、瘡蓋が取り切れるまでの2、3日は少し我慢です。
瘡蓋が取れた後、一度薄くなったように見えますが、その後奥のインクが浮いてきて、一度濃くなるとのこと。1ヶ月くらいしたら、2回目の施術をします。

 

まとめ

現在のアートメイクは1回で形を完成させるのではなく、2-3回繰り返し彫り、徐々に色や形を定着させていくのがお勧めだそうです。
1回目は、しっかり彫っても体がインクを積極的に排泄しようとする為、どうしても色が抜けやすいのだとか。2-3回目で色も入り、とラインの形もはっきりしてきます。

また、肌質やその方のスキンケア、またはライフスタイルによっても、色素が定着しやすい方、抜けやすい方がいるそうです。
例えば、脂性肌の方はインクが抜けやすく、良く触ったり、擦ったりしてしまう方も落ちやすくなります。
また、美容の施術などで、ピーリングや摩擦を加わるようなことをしすぎても抜けやすくなるので、入れた直後からしばらくの間は、少し気を使った方がいいかもしれません。

眉毛がしっかりすると、顔立ちは何も変わっていないのに、なぜか顔がハッキリしてみえますし、しっかり入れればメイクもしなくてもいいくらいになるので、とてもラクです。

アートメイク、これからどんどん流行しそうですね。ご興味のある方はぜひご参考になさってみてください。