老け顔がコンプレックス、どうしたら若くみえる?

人の見た目の印象を大きく変えるものとしては、髪型や髪色の変化、痩せる太るの体形の変化があります。
それ以外には、やはりお顔のパーツに関してのことが言えると思います。

実年齢より上に見える大人顔、悪く言えば老け顔、逆に年齢より若く見える童顔。
いったいどのようなポイントでその差が生まれるのか…元々の顔立ちがあるので諦めるしかないのか…そんな気になるお悩みを美容専門のドクターに聞いてみた記事をみつけました。
顔立ちが与える印象とは??

大人顔や老け顔、童顔の特徴とは?

美容専門のドクター曰く、

幼く見える人(童顔タイプ)

顔の輪郭が卵型で、目が大きいのが特徴。
幼児のような可愛らしい感じのため、童顔に見えます。

年齢より上に見える人(大人顔タイプ)

比較的シャープな顔の形で切れ長な目の人が多い。
人間は年齢を重ねるにつれて、顔立ちが縦に長くなるので大人っぽく見える。

なるほど。
目の大きさや、輪郭に関しては、元々の顔立ちもあると思います。
元々の顔立ちを大きく変えるのは難しいですが、メイクなどを工夫してみせ方を変えることはできますよね。

 

老け顔に見えてしまう原因のひとつが「たるみ」の増加

まず、全体的に顔の脂肪が下方に垂れてくると、皮膚もたるみ、老けて見えるようになります。
さらに、年齢を重ねると顔の筋肉が緩んでくるので、皮膚や脂肪を支えられなくなり、よりたるみが目立つようになります。

 

お顔にボリュームがあるタイプの方は

頬にボリュームがあると若く見えると言われますが、そのボリュームが下に下がってくるとやはり老けてしますのですね。
ボリュームが高い位置にあるというのが若見えのポイントなのでしょう。
あとは、ボリュームがあり過ぎても支えきれずに重みで結局下がり易くなります。
適度なボリュームというのがポイントなのかもしれません。

 

お顔が痩せ型タイプの方は

顔が痩せすぎても、やはり老けた印象を与えやすいです。
元々あった場所に脂肪がなくなるとその場所は凹み、ほうれい線が深くなります。
また、目のまわりにたるみやくぼみができ、老け顔になっていくのです。
痩せるというよりもコケてきてしまうというイメージの方がしっくりくるかもしれません。

 

 

老け顔の原因①

年をとるとどうして脂肪が下がり、皮膚がたるむのでしょうか。一言で言えば老化です。
老化による筋力低下で脂肪を支えられなくなるだけでなく、コラーゲン繊維が緩むことで皮膚のハリを保てなくなり、たるみが生じてきます。

自然老化以外に、紫外線の影響や、過度の摩擦なども老化を促進させる原因となります。

 

老け顔の原因②

老け顔に見える原因はたるみだけではありません。肌のくすみやシミ、シワが多くても老け顔にみえる原因です。
紫外線を多く浴びることにより、シミが出来たり、肌がくすみ不健康な印象を与え、老けて見られます。
シワについては摩擦や乾燥、やはり紫外線の影響などが原因です。

子供の頃はシミ、シワ、たるみがないですよね。
大人になるにつれて出現するので、やはりこの三大トラブルは軽度であればあるほど若く見えるのだと思います。
もともと童顔でなくても、この三大トラブルが少なければ、若く見えること間違いなしです。

 

老け顔を改善させるには①

皮膚にハリを取り戻し、たるみを改善するために、レーザー治療を行うのが効果的だと思います。
最近人気なのは「ウルセラリフト」や「サーマクールFLX」などの熱を加えて肌を引き上げたり、引き締めたりする治療です。
安全で高い効果が期待できるので、アンチエイジングを考え出す30代以降にダントツで人気の治療です。

ウルセラリフトとは?

サーマクールFLXとは?

老け顔を改善させるには②

ずばり!最大のアンチエイジングは規則正しい生活!
最後に老け顔の予防についてですが、アンチエイジングに一番大切なのは、規則正しい生活です。
よく寝る、バランスのとれた食生活など、健康を維持することこそが、最大のアンチエイジングです。
また、スモーカーズフェイスといって喫煙習慣がある人は老け顔になることがわかっています。
タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。
血流が悪くなることで皮膚の新陳代謝が悪くなり、ハリが失われます。
また、喫煙することで体内のビタミンCを破壊することもわかっています。
ビタミンCは、メラニンの生成を抑えてシミを予防する、紫外線からお肌を守る、といった働きをします。
そのビタミンCを失われるので、シミやソバカス、シワが増えてしまうのです。

まとめ
老け顔や童顔は生まれつきの顔の個性もありますが、たるみ、シミ、シワなどが原因で年齢より上に見えやすくなります。
現在ではレーザー治療や注射などでたるみを改善することも可能ですし、自分ですぐに出来ることで、何よりも一番のアンチエイジングは規則正しい生活習慣です。
若さをキープさせることがいかようにも出来る時代です。
「キレイですね」、「若く見えますね」、と言われたら誰だってすごく嬉しいですよね。
ぜひ、今日からアンチエイジング、はじめていきましょう。

記事全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00010000-medicald-hlth

3/16(月) 10:40配信

Medical DOC

髪型を変えたり、化粧をしたりしても、どうしても年上に見られがちな人っていますよね。逆に年よりも若く見られる童顔の人もいます。これは元々の顔の違いなのか気になるところ。若く見える方法ってあるの? それとも加齢による顔の変化は避けられないの? アジアン美容クリニックの鄭 憲先生、教えてください。

[この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】
鄭 憲先生(アジアン美容クリニック 院長)
韓国の延世大学医学部卒業後、日本の医師免許を取得。東京大学医学部附属病院形成外科美容外科に入局、同愛記念病院形成外科医長や湯河原厚生年金病院(現・JCHO湯河原病院)形成外科医長を経て、2005年にアジアン美容クリニックを開院。「きれいになりたい全ての人に貢献出来るクリニック」を理念とし、スタンダードな美容医療を患者様へ提供している。日本形成外科学会認定専門医の資格を持つ。日本美容皮膚科学会、日本肥満学会、日本抗加齢医学会ほか各学会所属。

老け顔の原因は脂肪や皮膚のたるみにあった

編集部:
老け顔や童顔という言葉をよく聞きますが、それぞれ顔の特徴などはあるのですか?

鄭先生:
幼く見える人は、顔の輪郭が卵型で、目が大きいのが特徴です。幼児のような可愛らしい感じのため、童顔に見えます。逆に年齢より上に見える人は、比較的シャープな顔の形で切れ長な目の人が多いですね。人間は年齢を重ねるにつれて、顔立ちが縦に長くなるので大人っぽく見えるのでしょう。

編集部:
なるほど。顔の輪郭でそのように見た目年齢も変わるのですね。では元の顔以外で、老けて見える原因はあるのですか?

鄭先生:
全体的に顔の脂肪が下方に垂れてくると、皮膚もたるみ老けて見えるようになります。年齢を重ねると顔の筋肉が緩んできて、皮膚や脂肪を支えられなくなるのです。元々あった場所に脂肪がなくなるとその場所は凹み、ほうれい線が深くなります。また、目のまわりにたるみやくぼみができ、老け顔になっていくのです。

編集部:
年をとるとどうして脂肪が下がり、皮膚がたるむのですか?

鄭先生:
一言で言えば老化です。老化による筋力低下で脂肪を支えられなくなるだけでなく、コラーゲン繊維が緩むことで皮膚のハリがなくなるのです。

編集部:
その他、老け顔に見える原因はありますか?

鄭先生:
肌のくすみやシワですね。紫外線を多く浴びることにより、肌がくすみ不健康な印象を与え、老けて見られます。シワについては言わずもがなでしょう。

レーザーや注射で老け顔改善は可能

編集部:
では脂肪や皮膚がたるんだ場合、どうやったら若々しく見えるのでしょう?

鄭先生:
老いによって老けて見える場合、原因のひとつはたるみによりハリがなくなったことです。ハリを取り戻すために、レーザー治療を行うのが効果的だと思います。またハリに効果的な注射もあるので、試してみるのもいいでしょう。

編集部:
手術などを行うことも可能なのですか?

鄭先生:
落ちてしまった筋膜を引き上げる、フェイスリフト手術がたるみに効果的です。切って内側から筋膜を引き上げます。ただ目立たないとはいえ、切ることでどうしても傷はできてしまいます。

編集部:
鄭先生が考える、老け顔改善の治療をする上で大切なものについて教えてください。

鄭先生:
担当医としっかり話し合い、治療について理解することですね。手術は傷跡が残りますし、注射は効果が一年ほどで消えるものもあります。そういったデメリット面も説明するクリニックを選ぶようにしましょう。不明点がある場合は必ず担当医に聞くことも大切です。

最大のアンチエイジングは規則正しい生活

編集部:
最後に老け顔の予防について教えてください。

鄭先生:
アンチエイジングに一番大切なのは、規則正しい生活です。よく寝る、バランスのとれた食生活など、健康を維持することこそが、最大のアンチエイジングです。また、スモーカーズフェイスといって喫煙習慣がある人は老け顔になることがわかっています。

編集部:
なぜ喫煙が老け顔に影響するのでしょうか?

鄭先生:
タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。血流が悪くなることで皮膚の新陳代謝が悪くなり、ハリが失われます。また、喫煙することで体内のビタミンCを破壊することもわかっています。

編集部:
ビタミンCを破壊されるとどうなるのですか?

鄭先生:
ビタミンCは、メラニンの生成を抑えてシミを予防する、紫外線からお肌を守る、といった働きをします。そのビタミンCを失われるので、シミやソバカス、シワが増えてしまうのです。

編集部:
最後に読者の方へメッセージをお願いします。

鄭先生::
先ほども述べたように、老け顔予防で重要なのは日々の生活です。治療などを検討することも大切ですが、規則正しい生活を、まずは心がけてみてください。