紫外線は目からも入るは本当か!?

最近の研究結果では、目から入る紫外線が、「日焼け」の原因になることが分かっているそうです。
夏が近づき、紫外線もどんどん強くなってきていますので、今回は「目からの日焼け予防」についてご紹介します。

 

なぜ目から入る紫外線で日焼けが起きるのか

目に強い紫外線が入ると、それを脳が察知し、防御反応として体内にメラニン色素を作るように命令を出します。

メラニン色素は、紫外線が皮膚の細胞破壊などを防ぐために生成されるもので、実は日焼けをするのは肌を守る為でもあります。

しかし、メラニン色素が過剰に生成され、肌に蓄積されてしまうと、シミやそばかすの原因になることがあります。

顔や体に日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘で紫外線対策を頑張っていても、目を無防備にさらしていると、それらの対策が台無しになってしまう可能性もあります。

 

目から入る紫外線をカット!サングラスの着用がおすすめ

最近では、お洒落用サングラスや、スポーツ用のサングラス、UVカット眼鏡、コンタクトレンズなど、目を紫外線から守るアイテムはたくさんありますね。

サングラスをかけた状態と裸眼の状態を比べると、メラニンの増加を約半分以下に抑えることが可能なのだそうです。

紫外線が目から入る影響としては、お肌の日焼けに繋がる以外にも、目の病気の原因の一つにもなるそうです。

目も紫外線で炎症を起こします。

もともと角膜や水晶体などの組織は、紫外線を吸収して目を守る働きをもっていますが、特に、紫外線の中でもUV-Bは「目が充血する」、「まぶしさを強く感じる」、「異物感がある」、「涙が止まらなくなる」、「目があけられない」、「ドライアイ」などの症状の原因にもなります。

また、強い紫外線は「白内障」の原因ともなるそうなので注意が必要です。

 

どんなサングラスを選べばいいの? その他目を守る対策とは?

角膜ダメージをはじめとした紫外線の影響を防ぐには、まず大前提として、紫外線に直接目をさらさないことが大切です。

そのため、UVカットが施されたサングラスや眼鏡を日常的にかけるのをおすすめします。

隙間から紫外線が入らないよう、フレームが大きめで、しっかりと目の周りもカバーしてくれるデザインのものを選びましょう。

また、角膜ダメージを修復する機能のある目薬でこまめにケアをするのも有効です。

紫外線などによる角膜ダメージは、放置すると、炎症を悪化させたり眼病を引き起こしたりする原因にもなります。

角膜の組織代謝を促進してダメージ修復を促す活性型ビタミンB2や、角膜にうるおいを与えて保護するコンドロイチンなどの成分が含まれている目薬を選ぶとよいでしょう。

まとめ

「目から入る紫外線で肌が日焼けする」、「紫外線により目の不調や病気の原因となる」ことが分かりましたね。
日焼け対策と聞くと、「日焼け止め」や「帽子」、「日傘」などが思い浮かびますが、
「サングラス」や「UVカット眼鏡」、「有効成分入りの目薬」を使うのも大事な日焼け対策です。
いつものケアにぜひプラスして取り入れていきましょう。