年中お悩みという方も…背中のニキビ、肌荒れについて

ニキビができるのは、顔だけではありません。
背中やデコルテ、二の腕、お尻など、体にもできることがあります。
特に、背中のニキビに悩んでいるという方が多いようです。

背中のニキビの原因とは?

背中はもともとニキビが出来やすい場所

背中はもともと皮脂分泌が多く、汗もかきやすい部位です。
夏場はもちろん、冬場も暖房の中や、厚着のし過ぎで背中に汗を掻いているのが分かるという方も多いと思います。

皮脂や汗による肌への刺激を放置していると、菌が繁殖しやすくなり、やはり肌荒れを起こします。
一度肌荒れを起こすと、背中は顔に比べても皮膚の代謝がゆるやかで、さらに菌が繁殖しやすい環境なので、治りにくいです。

背中は、目に見えないので、どうしてもケアをおろそかにしがちですが、気付いたら早い段階で治療やスキンケアを行うのが大切です。

 

背中の肌荒れ、原因はアクネ菌??

ニキビの原因はアクネ菌という皮膚の常在菌による炎症である。
というのは、ニキビに悩んだ方なら一度は聞いたことがあるか思います。
ニキビは、皮脂や汚れにより毛穴が詰まって、そこにアクネ菌が繁殖し、炎症が起きる事でできます。
顔に出る吹き出物はこのアクネ菌の繁殖によるニキビであることが多いと言われます。

背中の場合はどうでしょうか・・・?


背中も含め、体に出来る吹き出物は、実はアクネ菌が原因のニキビではなく、マラセチア菌が引き起こしている、「マラセチア毛包炎」である場合も多いようです。
「ニキビ」と「マラセチア毛包炎」は症状がよく似ています。
ただし、有効な薬は違うので、皮膚科などでドクターにしっかり診断してもらうのがいいでしょう。
ニキビとマラセチア毛包炎が両方の場合もあるそうなので、素人では判断が難しいです。

 

 

化学繊維のインナーに要注意

近年は、夏になると、着る事で涼しく感じるインナーや、冬になると、薄手なのにとても暖かく感じるインナーなどが人気ですね。
一度は着たことがある方がほとんどだと思います。
しかし、この化学繊維が背中やデコルテの肌荒れを引き起こしている可能性もあるそうです。
特に、冬場に皮膚科に背中の肌荒れで来院される患者様が増えたという話を聞いたことがありますが、これも化学繊維による刺激、またはポカポカするので汗を良く掻く様になり、雑菌が繁殖しやすくなり、肌荒れを引き起こすのが原因とのこと。
私も、数年前から冬場に背中の吹出物に悩まされていて、背中上部から下部へと赤いプツプツが広がり困っていました。
皮膚科でみてもらったところ、「マラセチア毛包炎」でした。

はじめは、ニキビのお薬で治療していたのですが、良くならず、次に「マラセチア毛包炎」のお薬に変えてみた所、1週間くらいでさっと症状が落ち着きました。

あまりにも早く効いたので、びっくりしたほどです。
背中に軟膏は塗りにくかったのですが、面倒くさがらずに一生懸命塗ってよかったと心底感動しました。
原因は冬用インナーによる刺激とのことでしたので、綿のインナーの方をお勧めされました。
綿の上から化学繊維インナーをきてもいいそうです。
汗を掻きやすい方は綿のみのインナーがいいかもしれませんね。

 

背中のケアで気を付けるべきこと

背中は見えないので、ケアをおろそかにしがちです。
皮膚科の先生に言われたのが、髪の長い女性は、背中が荒れやすいので、やはりシャンプーやボディソープの洗い残しには注意してねとの事でした。
あと擦り過ぎると吹き出物は刺激で出やすくなるので、体は優しく洗う事、汗を掻いたらこまめに乾かすことなどを言われました。
確かに、お顔のニキビに比べて、背中の場合は、背中の環境を快適にしておくことが大切なのかもと思いました。

背中やデコルテ、ヒップ等身体のニキビ、吹出物にお悩みの方、ぜひ参考になさってみて下さい。