医療ハイフについて

HIFU(ハイフ)によるたるみ治療は今や美容業界では定番になりつつあります。

HIFU(ハイフ)とは、High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波治療法)の略で、特殊な超音波を利用して、たるみを改善させる治療方法です。

HIFUはエステサロンや美容クリニックなどで施術を受けることが可能です。
HIFUでたるみをリフトアップさせたい、話題のハイフを一度受けてみたいという方は多いと思いますが、近年、あまりにもHIFUの機械が増えているので、どこでハイフを受けたらいいのか、その機械が自分に合っているのかなど、イマイチ理解できず、迷っている方も多くいらっしゃると思います。

気になる「HIFU治療」についてまとめてみました。

 

エステサロンとクリニックの「HIFU」の特徴

HIFUは「エステサロン」や「クリニック」で受けることが出来ます。
エステサロンのHIFUは機械の取り扱いがあれば比較的どこでも受けられると思いますが、クリニックの医療用のHIFUは、医師が在中する医療機関でしか取り扱う事が出来ません。
また、「医療機器」になりますので、クリニックのような医療機関でのみ治療可能となります。

 

エステサロンとクリニックの「HIFU」の違い

違いに関しては、クリニックのHIFUの方が熱量や超音波が加わる深さなどが正確で、強力です。
その為、1回の効果は高いでしょう。
しかしその分リスクや治療時の痛みなどもやや強く伴いますので、認定医制度が設けられていたり、必ず施術前に医師による診察を行い、適応を判断する必要があります。

エステサロンのHIFUはトレーニングを受けたサロンスタッフの方が行います。
もちろん誰でも扱える家庭用HIFUなどの美顔器とは比較対象にはならないと思いますが、施術者が扱いやすい様に、また、強いダウンタイムが出ない様に、適度な出力で安全に配慮されていると思います。
その為、リスクや痛みは少ないですが、1回の効果もクリニックのHIFUに比べると劣ると思います。
その分、何度か定期的に繰り返すことで効果を出していきます。

 

医療ハイフとは「クリニックで受けられるHIFU」のこと

最近「医療ハイフ」というワードをよく耳にしますが、医療ハイフというのはクリニックなどの医療機関で行っているハイフ治療のことです。

医療ハイフでのたるみ治療は、「切らないフェイスリフト」などとも言われますが、皮膚の比較的深部であるSMAS層(筋膜層)に熱凝固を作り、たるみをリフトアップさせます。
たるみのお悩みが深刻で、しっかり治療をしていきたいという方は医療ハイフでアプローチをかけるのが理想的です。

医療ハイフの代表的な機械は「ウルセラリフト」をはじめ、「ウルトラフォーマーⅢ」、「ウルトラセル」、「ソノクイーン」などなど様々あります。

まとめ
これだけHIFUが人気なのは、たるみが気になる、小顔にしたい、フェイスラインを整えたい、若返りたい、と希望の方が多くいらっしゃるからだと思いますし、HIFUの効果をある程度ご実感されている方も多いからだと思います。

クリニックでの「医療ハイフ」、エステサロンでのハイフ、それぞれにメリットやデメリットがあります。何よりも自分に合った美容メンテナンスを選択することが大切だと思います。