ウルセラ

ウルセラリフトとは、超音波の働きでメスを使わずに本格的なリフトアップを可能にした治療法です。

FDAで初めて『リフトアップ』の効果があると認められた医療機器で、『リフト』というカテゴリーで、FDAの承認を受けている医療機器はウルセラだけです。

ウルセラリフトは、目的の場所だけをピンポイントに加熱することができるHIFU(ハイフ=High Intensity Focused Ultrasound) 高密度焦点式超音波を使用しています。

治療後のダウンタイムもほとんどないため、治療直後から普段通りの生活が可能です。

ウルセラリフトの特徴は、SMAS(筋膜)へのアプローチが可能
たるみの原因となっているSMAS(筋膜)は、通常のレーザーやラジオ波(高周波)では届かない深い層にあります。
ウルセラリフトでは、手術でしかアプローチできなかったSMAS(筋膜)と呼ばれる深い層に、ピンポイントで点状の熱を与えます。
点状に加熱されたコラーゲンが縮むことで、即時的なリフトアップ効果があり、さらに約2〜6ヶ月にわたり、熱で縮んだコラーゲンを治そうとする働きが起こり、新しいコラーゲンが生み出されます。

ウルセラは皮膚表面にはダメージを与えることなく、SMAS(筋膜)がある深い層だけをピンポイントに加熱するので、一時的に赤みや腫れが出ることはありますが、皮膚表面に傷ができることはありません。治療当日からメイクをすることも可能です。