スカーレットS(RF)

スカーレットSは、Scar+Liftingの意味を持つ、低侵襲フラクショナルRFです。
治療の深さを0.5〜4.0ミリ、秒間を0.1秒単位など綿密に調節ができるのが特徴で、頬やフェイスラインはもちろん、瞼や鼻、生え際など、顔の細かい部分にも照射が可能です。
熱の加え方に特徴があるので、他のRF治療と比較しても、コラーゲン密度の増加が可能で、毛穴・シワ・たるみ治療に最適の最新機器です。

スカーレットSの機器の先端には、25本のマイクロニードルがセットされており、針先を肌に当てほんのわずかに刺すことで、表皮と真皮に傷をつけて刺激し、さらに針全体から高周波エネルギーを発生させることが可能です。
それによって表皮はもちろん、真皮層にもダイレクトに高周波エネルギーを照射することができます。
肌の再生とコラーゲンの生成が促されてキメが整い、たるみが引き締まります。
針が刺さる深さは、0.5ミリ〜4.0ミリ程度の間で、症状や施術部位に合わせて浅くも深くもコントロールすることができます。
また、極細の針を使うので刺す痛みもほとんどなく、1ショットにつき25本の針が出るにもかかわらず、針跡が残る心配もありません。

スカーレットSは新しいチップの採用によってショットスピードが向上し、施術時の痛みと施術後のダウンタイムも軽減されています。
施術時間も短縮され、痛みや熱感も楽に感じるようになりました。