たるみのセルフケア

皮膚の土台からの本格的なリフトアップや、ボリュームを大きくシェイプアップさせるたるみケアは、クリニックやエステサロンなどで専門的な治療が必要になりますが、
日々のケアでたるみを予防したり、たるみ治療の効果を持続させたりと、セルフケアでアンチエイジングをしていくことはできます。

そこで簡単に行えるたるみのセルフケアをご紹介します♪


美顔器でのセルフケア

高周波で引き締めるタイプのものが多く、家庭でも安心して使えるように、温度センサーで皮膚の温度を管理してくれるものや、自動で出力調節、時間で停止する機能がついていたり、安全に使えるものも豊富です。クリニックなどの医療機関やエステサロンでの施術よりは効果は劣りますが、日々のアンチエイジングに取り入れるのはお勧めです。
美顔器の記事はこちら


リンパマッサージでのセルフケア

首や肩が凝ると、血流が悪くなり、顔のくすみやたるみにもつながってきます。朝と夜のスキンケア時に、フェイスラインや首の側面、鎖骨の辺りなどを軽く流すようにマッサージするのがお勧めです。強くこすりすぎず、優しく流すのがポイントです。
リンパマッサージの記事はこちら


スキンケア(化粧品)でのセルフケア

たるみを予防するには、スキンケアでもコラーゲンの生成を促す成分や、筋肉の収縮を促し、引き締めるタイプのアプローチがお勧めです。
スキンケア(化粧品)の記事はこちら


サプリメントでのセルフケア

たるみは皮膚の深い部分のコラーゲンなどが減少する事が原因の一つです。コラーゲンは分子が大きいので、肌に直接塗布してもなかなか吸収されません。また、コラーゲンは、そのまま食事で摂取してもなかなか肌に定着するのが難しいです。コラーゲンを作る材料であるアミノ酸などで摂取する方が、肌のコラーゲンを増やすのには効率が良く、さらにコラーゲンの生成を促す成分を一緒に摂取してあげるのも有効です。
サプリメントの記事はこちら


UV(紫外線)でのセルフケア

エイジングを引き起こす最大の原因が紫外線です。
紫外線が肌組織を破壊することがたるみの原因になります。たるみ予防の面で、UVケアは必須です。
UVケアの記事はこちら


日々の生活での注意点

日々の生活でも気を付けることで、たるみの進行を予防出来たり、顔のたるみの左右差を軽減できたりします。代表的なもので、「頬杖をつく」、「寝るときの顔の向き」、「食事の噛み癖」、同じ方向ばかりではなく、左右交互に意識してみることも大切です。
日々の生活での注意点の記事はこちら