マトリックスIR

主に小じわや毛穴に対して実感できる効果を発揮するダイオードレーザーがフラクショナル化された機器です。

レーザーエネルギーと高周波(RF)エネルギーを組み合わせて相乗効果を生み出し、レーザー単独の治療よりも効果や安全性が高まりました。

ダウンタイムが無い、しわ・毛穴に効果的な治療と言われています。

短期的にコラーゲンの収縮、長期的に線維芽細胞を刺激し創傷治癒過程におけるコラーゲンの増生を促し、肌にハリを与え、小じわや毛穴に対する効果が期待されます。

表皮にはメラニンが多く存在するため、レーザーやパルスライト単独による治療器で照射出力を上げていくと、表皮にダメージ(火傷)を与えてしまうこともあります。
RF エネルギーは、レーザーと異なる選択性をもち、メラニンやヘモグロビンの色と無関係に働くため、表皮のメラニン量に影響されずに効率的に真皮までエネルギーが到達します。
真皮内で熱エネルギーに変換され、組織のインピーダンス(電気抵抗)により発生熱量が変化するSelective Electro-thermolysisの理論を応用し、
ターゲットとする真皮層にダイオードレーザーで予め熱を与えておくことで選択的に温度を上昇させると考えられています。

Matrix IR は、レーザーエネルギーの補填としてRFエネルギーを使用することで、従来の単独アプローチの治療に比べ、痛みや火傷のリスクが抑えられ、効果的な治療が可能です。